デッド飲み

デッド飲みとはレンゲを使わず、丼に口をつけてダイレクトにスープを飲む食べ方のこと

デッド飲み
出典:イラストならDDばんく

ラーメン好きなら高い確率で実施しているデッド飲み

直接、丼からスープを飲むのがデッド飲み。食べ歩きマニアの大半がデッド飲みでラーメンを食べているものと思われます。

そもそもの話になりますが、ラーメンを食べる際は、レンゲって不要だと思いませんか?
レンゲに麺を入れて、極小ラーメンを作って食べるやり方なんて論外だと思いませんか?
極小ラーメンじゃ麺とスープの絡み具合が非常にわかりにくくなってしまいます。

その点、デッド飲みはラーメンの美味しさ全てが味わえる食べ方なので、マニアほどデッド飲みで食べる確率が高いのだと思います。

デッド飲みの醍醐味は五感すべてでラーメンが食べられるということ

デッド飲みはレンゲでラーメンを食べるのとは全く違います。

丼が運ばれれば、ラーメンのビジュアルが眼前に見えます。
丼を両手で掴めば指先でしっかりラーメンの熱さを感じます。
丼を顔に近づければスープの豊潤な香が鼻孔に漂ってきます。
丼でスープを飲めばズズーっとスープを啜る快音が響きます。
スープが口に入ればラーメンの美味しさ全体が味わえます。

つまり、和食の精神にもつながる視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚という五感を活かしたラーメンの食べ方がデッド飲みなのです。
丼から直接スープを飲む醍醐味は、レンゲを使って間接的にスープを飲むやり方では決して味わえません。

デッド飲みのデッドとはどういう意味なのか?

デッド飲みのデッドとは、どこから来ている言葉なのか? 調べてみたらデッドとは、もともとはゴルフ用語に由来するワードのようですね。

TVでゴルフ中継を見ていると「ピンをデッドに狙う」という表現が出てきますが、これは「直接、ピンを狙う」「ピンを真っすぐに狙っていく」という意味なんだそうです。
そこから転じて、直接、ラーメンの丼からスープを飲むことを、デッド飲みということになったようです。

なお、英語でdeadといえば「死」という意味を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴルフで使われるdeadは「まっすぐに」「ちょうど」といった意味で使われているので完全に別物なんですね。
ラーメンのブログ等で、デッドにスープを飲み続けると、死ぬほど身体に塩分やコレステロールを入れてしまうから・・・という俗説も見かけますが、これは誤解か、わざと書いているギャグだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です